自分は資格ないし・・・なんてあきらめないで

看護師・診療放射線技師

就職先に困らないといえば看護師です。
今は女性のみならず男性の看護師も増えており、地域や年齢問わず必要とされている職業です。
看護師は、看護系の専門学校や短大、大学に3年もしくは4年通い、その後国家試験を受け合格すれば資格を取得するようになります。
一度取得すれば、勤務地は全国各地にあります。
30歳以上でも資格取得は可能です。

次に診療放射線技師は、看護師同様に大学もしくは短大・専門学校を3年通い国家試験を受けるようになります。
あわせて、マンモグラフィ撮影診療放射線技師の資格を取得すれば技術力があることの証明になり評価も高いでしょう。
こちらの平均年収は500万~600万です。
他の医療従事者に比べると比較的単純作業になります。

宅地建物取引士・マンション管理士

宅地建物取引士は宅建士ともいわれます。
不動産取引法務の専門家で、建物や宅地の売買などを公正に事務を行う仕事です。
不動産業の事務所では、この資格所得者をかならず5人に1人設置しなければいけないという決まりがある為、求人は安定しています。
平均年収は、500万以上です。

マンション管理士は、マンション管理組合のコンサルタントとして、組合が抱える問題などを、法律と管理の専門家としてサポートする業務です。
この資格は2001年につくられたばかりの資格なので、まだ登録者が少ないです。
しかし、マンション管理組合は10万組合以上全国にありますので今後需要が高まる資格かと思います。
平均年収は、300万~800万でしょう。


B!